鼻へのBNLSは笑気麻酔で痛みはなくなるか?

MENU

鼻へのBNLS注射の痛みは笑気麻酔で和らぐのか

鼻へのBNLS注射は他の部位と違ってかなり痛いと言われています。頬や顎下などは麻酔などなくてもはっきり言って全然大丈夫ですが鼻へ打つときは麻酔がないときついって言いますよね((+_+))

 

少しでも痛みの恐怖から解放されたいと思う人には笑気麻酔というオプションがあります。この笑気麻酔をすれば痛いと言われている鼻へのBNLS注射が少しは効果があるのかについて調べてみましたのでご参考にどうぞ。

 

笑気麻酔とは?

 

鼻のBNLS注射をする際に笑気麻酔がオプションで準備されているクリニックが多くあります。美容外科での笑気麻酔の相場は3000円〜5000円くらいです。

 

笑気麻酔は歯医者での治療でよく使用される麻酔で、鼻から笑気ガス(別名 亜酸化窒素ガス)を吸ってしばらくすると頭がフワーとしてお酒に酔ったような感覚になり恐怖心を和らげる鎮静効果があります。

 

副作用も少なく歯医者を怖がる子供の恐怖心を取り除くために利用される麻酔です。

 

 

笑気麻酔しても痛みは消えない?

やはり痛いのは怖いので笑気麻酔をして痛みを感じないようにしたいけれど、笑気麻酔ってどれくらい効くの?と調べてみると

 

鼻へのBNLSは痛いって聞くので笑気麻酔をしてもらったけれど
でもやっぱり痛いのは痛かった!!

 

そんな口コミ。

 

そうなんです。笑気麻酔で痛みを消すことはできないのだといいます。

 

もちろん笑気麻酔の濃度をあげれば鎮痛効果も高くなるのですが、濃度を高くすることは危険なんです。よって歯医者や美容外科で利用される笑気麻酔は低濃度となっています。

 

ですから、笑気麻酔をしても鼻へのBNLSの痛みが完全に消えるわけではなく多少和らげることができるようです。

 

笑気麻酔で痛みは消えなくとも、鎮静作用は高いので注射に対する恐怖や緊張を和らげてリラックスした状態で施術を受けることができるようになります。

 

笑気麻酔が合わない人もいる

副作用は少ない笑気麻酔ですが、体質的に合わない人もいるといいます。

 

笑気麻酔をするとお酒によったような状態になります。わたしはお酒に強い体質なので笑気麻酔をしたときはなんかふわふわするなという感じでした。しかしお酒に弱い人は効きすぎると気分が悪くなってしまうこともあるといいます。

 

効かないよりは効いたほうがいいとも思いますが、気分が悪くなったりするのは困るので笑気麻酔を希望する際はドクターに詳しく聞いてみるようにしましょう!

 

BNLS鼻の効果